学長の願い・中国にいる時の行動力!

中国にいる時に出来る事を考える

私は学ぶ時に考える事が「土地の優位性」です。
中国で学びにくいもの「日本茶道・華道・香道」等。
良く考える事の一つとして「ホームとアウェイ」です。
ホームの物を習うことは効率的で価格も安く学べます。

中国茶藝でもあるの??

あります!四川省や雲南省でよく見る「工夫茶藝」。
四川料理の店で見る注ぎ口が長い「やかん」からお湯を注ぐ茶藝。
これを上海や広州で勉強するとかなり高い学費が必要です。
現地に行けば、現地の物価で学ぶことが出来るので安価です。

中国茶藝は中国が世界に誇る文化

中国でも多くの場所で講座が開かれている茶藝。
初心者の方や入門者の方にはどこが良いのか全くわかりません。
何を基準に考えるのか?をまず紹介させて頂きます。

茶葉へのこだわりがどれだけあるか?

まず必要な事ですが、茶藝はお茶を淹れる動作の勉強です。
淹れる動作を学ぶのが茶藝ではありません!大切なのは飲むことです!
飲むことを前提にしているので良い茶葉を使用していますか?
動作を学ぶだけなので粗悪茶葉を使用しているケースが多いです。

茶器へのこだわりがどれだけあるか?

動作だから茶葉市場などで販売されている茶器をしようする所が多い。
茶葉市場などで販売されている「低温焼成」の茶器は使用できません。
先進国基準でほぼ間違いなく「不合格品」になる俗に言う粗悪品です。
鉛とカドミウムが流出しますので、安易に買われるのもリスクです!

水へのこだわりがどれだけあるか?

大切な事は「安全」が最も大切ではないかと考えています。
私達の教室では鉛や塩素を限りなく少なく含んでいる水を用意しています。
100%取り除くのは現在の浄水技術では非常に難しいです。
お客様に良い環境下でしっかりと勉強して頂く事が出来ます。

人数は多すぎるのは技術にバラつきあり

1グループの人数を増やすことにより1人当たりの学費は安くなります。
しかし、1人の講師が教えることの出来る限界は3人と茶藝界では言われます。
適当に教えることであれば、8名でも10名でも大丈夫です。
しっかりと細かい動作をびっちり教えることはキャパオーバーです。

全ての生徒さんがきちんと同じ動作ですか?

茶藝師講座で大切なのは動作の統一であり所謂「形稽古」です。
形稽古には個性やバラつきがあってはいけません。
ある形をしっかりと学ぶ事が「形稽古」の目的でありゴールです。
10名生徒さんがいれば、皆が同じ動作を出来なければ良い授業とは言えません。

資格が取得出来るかを聞きましょう!

上海で茶藝を学ばれてある教室では資格が受験出来ない方がいらっしゃり、
弊校でゼロから学んで頂いている方も数名いらっしゃいます。
勉強という観点であれば新たに学ぶことで気付きを得られる事はあります。
しかし同じ内容は2度お金を出して学ぶ必要が本当にありますか??
そのお金があれば違う所で違う事を学べると考えてしまいます。

目的地を見ることが非常に大切

茶藝を習われる方達の主な傾向!
・入門コースを勉強して満足!
・軽く勉強して資格を取得して終わり!
・がっちり勉強して高級茶藝師を取得して終わり!

未来を見据えて学ぶことの違い

何となく学ばれ、何となく資格を取得し、何となくお茶を飲んでいる。
悪くはないと思いますが、同じ時間、お金、勉強する努力するのであれば、
「お茶会が開けるぐらい!」まで頑張りませんか?
「お茶会が出来たら先生もしてみたい!」方を弊校では支援しています!

学ぶだけで終わっては本当に勿体無い

日本では昔から「手に職を持つ」事が大切と言われてきました。
私はお茶屋をしながら、常に色々な「職」を身に付けてきました。
「バイヤー(茶葉,茶器,茶道具)、経営者、教育者、アドバイザー、ホームページ作成、
システム開発、経営計画書代行、デザイン、業界情報収集(茶葉,茶器,食品,中国市場等)」

だから言えること

何でも出来る人を「ゼネラリスト」と言いますが、
私が目指している場所は中国市場と健康を理解した「ゼネラリスト」です。
業界の事は徹底的に調べ、真実の知識をしっかりと持つことを怠らない。
健康な体がなければ良いお茶があっても楽しめないので健康な体作り。

勉強を怠らないのが私の信念

学びの信念:
知らない山をこつこつ消化し、情報を知らない事での機会ロスを防ぐ。
時間を意味なく消費せず、情報収集を怠らない事が成長している証拠。
描く未来は大量のインプットからなされる綺麗なアウトプットを徹底する。

学ぶことの効率を最大限に高める努力

人生は一回しかありません。(みんな知っていますが。。。)
効率の良く学び、時間の短縮を考えた事がありますか??
私達の講座は徹底的に無駄を省き、スマートに必要な事を織り込んだ内容。
未来に役立つかもしれない事を中国にいる時にしませんか??

皆さんが頑張れるように中国からサポートします!

勉強が終わると「孤立」してしまう事が多いのが学校なのですが、
卒業生の方や講師の方との横の繋がりを大切にしています。
卒業して「終わり」ではなく、私達は卒業してからが本当の「スタート」です。
一緒に中国茶を大勢の方達に愉しんで頂けるように頑張りましょう!

私たちがしたいことをビデオで話しております!

CLTS学長video

ChineseLife「VIP」カード


2013茶会レポート


CLTS紹介

CLTS紹介

CLTS茶藝講座の紹介

ChineseLife動画メニュー

ChineseLife

夢のプレゼン

大高勇気VIDEOの紹介

講師募集


講師募集



AERA

お茶の魅力を/チャイニーズライフ・公認講師・岩田晄幸/ 静岡県茶業組合「月刊茶」に掲載して頂きました。

ChineseLife薬膳講座

  • ChineseLife薬膳講座
  • 大高勇気紹介

    WeChatで繋がる!

    ↓ iPhone版 ↓
    WeChatをインストール
    私が定期的に動向をアップ中♪ Lineとほぼ同じ機能です! 下記から友達申請願います!

    ID:otakayuki
    ネーム:有梦想的茶人

    ↓ChineseLifeオフィシャル! 定期的に情報発信します♪♪


    Line:otakayuki
    ↓Lineは日本語で更新中♪

    中国茶藝を世界に伝えたい

    中国広州に本校を構え、400名以上の方が習われた中国茶藝講座。
    中国が世界に誇る中国茶藝の伝統を大切にしながら講義を行なっています。 2012年8月上海に教室をオープンし、上海でも中国茶藝の素晴らしさを伝えていきます。
    そして、学んで頂いた内容を他の方に教えて頂く講師を随時募集しております。 講座の内容などはCLTS本部でサポートさせて頂いております! 一緒に中国茶藝を伝えていきませんか?
    ChineseLife中国茶スクール

    中国茶・中国茶器世界ブランド「ChineseLife」

    日本人が経営する中国広州の四つ星ホテルに拠点を構えている中国茶専門店です。
    1年の90〜100日をかけて中国を歩き、茶農家の方達と一緒に作り続けてきた安心で安全な中国茶を 世界の方々に伝えるために今日も日々奮闘しております。
    ChineseLife紹介

    大高勇気オフィシャルサイト

    2002年8月25日に中国広州を訪れ、中国と10年ほど関わり、中国の貧困層から富裕層まで幅広い付き合いをしていく中で、「人」を学び「人」を考え、「人」の教育を学びました。当たり前の事があまり前のように出来ない社会の中で、自分に正直な態度で皆様に私の夢と志を伝えていきます。
    大高勇気オフィシャルサイト

    中国茶は安全!?


    中国茶メールセミナー

    Facebook

    チャイニーズライフ動画

    私には夢があります
    私には夢があります
    ChineseLifeの紹介です
    ChineseLifeの紹介です
    コーチ担当のキッズサッカー
    キッズサッカーの心得

    Facebook始めました!

    Facebook Facebook始めました!
    中国茶を語り続けます!

    AERA(アエラ)に掲載!

    AERA

    表紙:上野樹里/女優
    2011年1月3・10日合併増大号 中国に勝った日本人100人(30P)

    中国茶の愛

    中国茶の愛

    中国茶の基礎知識や大高勇気の連載などをこちらで公開しております。 魂を込めて書いていますので、中国茶の世界をより知りたい方に是非読んで頂きたく思います。

    読売新聞の記事

    読売新聞画像 2009年6月13日の読売新聞「国際」ページに大高勇気の記事を掲載して頂きました。

    このページの先頭へ